注目のコスメはランキングで知る|ミネラルファンデーション見っけ!

レディー

正しい使用で美しく

化粧品

ビタミンは細かい分子

ビタミンc誘導体化粧水を使うときに注意するべき点は、保湿効果の高い化粧品を一緒に使うということです。ビタミンc誘導体には保湿効果がないので、必ず保湿成分を一緒に使わなければ乾燥してしまいます。なので、保湿クリームなどを後に使うか、保湿成分配合のビタミンc誘導体化粧水を使用することになりますが、ここで気を付けたいのが、ヒアルロン酸配合のビタミンc誘導体は使わないということです。ビタミンc誘導体を浸透させた後なら問題ありませんが、一緒に使ってはいけません。なぜなら、ヒアルロン酸という成分はビタミンの何千倍も分子量が大きいため、肌のまわりをおおって感触をよくしてくれますが、ビタミンの浸透を妨げてしまうからです。折角のビタミンの浸透を妨げない化粧品を使うようにしましょう。

浸透と保湿は別々に

ビタミンc誘導体化粧水は、正しく使用することで、肌の頑固なトラブルを効果的に改善してくれる強い味方となります。ビタミンcには、抗酸化作用、美白効果、皮脂コントロール効果など、肌のキメを整えるために効果的です。ビタミンc誘導体には保湿効果がありませんが、洗い上がりの肌にビタミンをきちんと浸透させ、そのあとで保湿することで、肌トラブルをおこすことなくピンポイントでシミやニキビなどの肌トラブルの改善に役立ちます。また、定期的にビタミンを肌に取り入れることで、肌のターンオーバーを促進し、肌自体の活性化につながります。日々の肌のお手入れにビタミンc誘導体化粧水を用いることは、健やかで美しい肌を保つために貢献するといえるでしょう。